レバレッジとは?海外FX業者の口座開設する前に知っておきたいこと

海外FX業者の口座開設する時は必ずレバレッジを確認しよう

FXはトレードしやすい

FXは株など他の金融商品に比べて低資産で始められる上に、24時間の取引が可能です。自分が持っている資産の何倍もの取引を行えるので、大きな利益を出すことも可能です。取引によってレバレッジを柔軟に使い分けることができます。

取引できる時間帯

  • シドニー8:00~16:00
  • 東京9:00~17:00
  • 香港10:00~18:00
  • フランクフルト16:00~1:00
  • ロンドン18:00~2:00
  • ニューヨーク22:00~7:00
  • ロサンゼルス23:00~8:00

レバレッジとは?海外FX業者の口座開設する前に知っておきたいこと

硬貨

スプレッドが鍵

FXで利益を出すためには、スプレッドを知る必要があります。スプレッドとは、売値と買値の差のことを指しています。例えばニュースなどで1ドル100円10銭から14銭で取引されています。というフレーズを聞いたことがあると思います。これは、1ドルを買う場合には、100円と10銭が必要で、売る時には1ドル100円と14銭で売れるという意味になります。

スプレッドが小さいと利益率が上がる

スプレッドの説明をしました。ですが、これが結局どういう風に関係してくるのかというと、スプレッドは手数料ということいなります。スプレッドの差が大きければ大きいほどFX業者に取られる手数料が多いということになるので、なるべくスプレッドが小さい業者を選んだ方がいいでしょう。業者によってスプレッドの数値は変わります。

スプレッドが低いほどいい

スプレッドが低ければその分利益率が高くなるので、なるべく低い海外FX業者に口座開設しましょう。ですが、スプレッドが低いということは、他の手数料が高いこともあるので、スプレッドだけではなく、全体的な数値を見て決めるといいでしょう。