FXの口座開設に必要なものや流れを確認しよう

FXを始めるためには?

FXで取引を始めるためには口座開設する必要があります。口座開設は、基本的にインターネット上で行うので、ネット銀行などを利用したことがない方は作り方が分からないと思います。なので、口座開設の流れを解説していきます。

口座開設に必要なもの

  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 住所
  • 本人確認書類
  • 住所証明書類

FXの口座開設に必要なものや流れを確認しよう

グラフ

口座開設の流れ

口座開設を行う際は、初めに利用する業者の口座開設ページへ行きます。そうすると必要情報を入力するフォームがあります。氏名や住所、生年月日などの必要情報を入力して完了ボタンを押します。

必要書類の提出

必要情報の入力が完了したら、次は必要書類の提出を行います。本人確認書類と住所確認書類をスマホやデジカメなどで写真を撮って添付します。業者によって他に必要な書類があることもあります。

口座開設

必要書類をFX業者が確認したら、口座開設完了になります。口座開設が終わると、取引を始めることが可能です。海外FXの特徴やメリットを活かして、どんどん取引していきましょう。

業者によって違いがある

口座開設は、必要情報と必要書類さえ提出すれば、簡単に作成することができます。ここで紹介した口座開設の流れは、あくまで一例なので、業者によっては微妙に変わってきます。なので、口座開設の時には必ず業者の指示に従いましょう。