海外FX業者を利用するメリットや国内FX業者との比較

リスクが少なくて大きな利益を上げやすい海外FXは神

海外FXはこんな人におすすめ

少額の資金しか用意できないから、国内FXで勝てたとしても利益が小さくて儲けられない。損切が下手でついつい保有しすぎて結局追証が発生してしまう。リスクが少なくて儲けが大きい取引がしたい。このような考えを持っている方には海外FXをおすすめできます。その理由をここから解説していきます。

国内FXと海外FX比較

国内FXで取引をした場合

国内FX業者を利用して取引をした場合は、レバレッジが最高25倍なので、ここぞという取引場面があっても少額の利益しか出せない。ディーリング・デスクがあるので透明性の低い取引になってしまう。サポートセンターやホームページが完全日本語対応しているので、何か問題が起こった時でも安心して利用できる。

海外FXで取引をした場合

海外FX業者を利用して取引をした場合は、レバレッジが400~500倍の業者が多く、取引に合わせて柔軟にレバレッジを選び、変えていくことができる。ディーリング・デスクがないので、直接プライス供給元と取引を行います。非常に公平性が高くなっています。サポートセンターとホームページ共に日本語対応している業者もありますが、中には対応していない業者もあります。英語に自信がない方は、日本語対応している業者を探さなければいけません。

海外FX業者を利用するメリットや国内FX業者との比較

硬貨と数字

ディーリング・デスクとは?

国内FX業者にあるトレーダーとプライス供給元との間で注文の管理をしている人のことです。これは、海外FX業者にはないので、国内FX業者特有の取引方式ということになります。トレーダーの注文が直接為替取引市場に流れず、一旦ディーリング・デスクが確認するので、取引操作を行うことができます。なので、ディーラー側にとって不利な取引があった場合には通らないことがある可能性も考えられます。

ディーリング・デスクがない取引

トレーダーが注文したら、直接為替市場に注文がいくので、遮るものは何もありません。海外FX業者は、トレードに関して全く触れずに、手数料だけをもらうことになります。海外FX業者はトレードに触れることができないので、安全性がとても高くなっているのにリスクが低いという最高の環境で取引を行うことができます。

利益相反関係になってしまう

ディーリング・デスクがあると、トレーダーとディーラーが取引していることになります。なので、トレーダーが利益を出すとディーラーが損失を出します。逆では、ディーラーが利益を出すと、トレーダーが損失を出すということになります。これは利益相反関係になってしまっています。ですが、ディーリング・デスクが無いと、トレーダーとディーラーがwinwinの関係になれるでしょう。

海外FX業者を利用するメリット

ハイレバレッジ

国内FX業者は、レバレッジに規制がかけられてしまっているので、最高でも25倍ととても低くなっています。ですが、海外FX業者には、規制が適用されないので、ハイレバレッジが実現できます。なので、400倍~500倍と国内FX業者と比べものにならないほどハイレバレッジになっています。中には1000倍の業者もあります。レバレッジの上限が高いと柔軟な取引が行えるので、役立つでしょう。

追証がない

自分のFX口座に入っているお金がマイナスになってしまった時に、そのマイナスを0にしてくれるゼロカットシステムが海外FX業者にはあります。このゼロカットシステムがないと、マイナスになった分は追証として支払い義務が発生します。国内FX業者は追証が発生するので通貨を保有しているとリスクがあります。

豪華なキャンペーン

海外FX業者は、口座開設時などに貰えるボーナスがとても豪華になっています。口座開設から初めて入金した金額を100%キャッシュバックなどのキャンペーンがあります。口座に10万入金したらボーナスの10万をプラスして20万になるということです。国内FX業者もキャンペーンを行っているものの、どうしても見劣りしてしまいます。